のと鉄道・能登線と輪島線の廃線跡をめぐってみました。

のと鉄道廃線跡めぐりのと鉄道輪島線 > 能登市ノ瀬駅

能登市ノ瀬駅

能登市ノ瀬駅

石川県輪島市市ノ瀬町にあった能登市ノ瀬駅は2001年に廃駅となりました。

「あった」と書いたのは、現在では完全に撤去されてしまっているのです。

能登市ノ瀬駅周辺 能登市ノ瀬駅周辺 能登市ノ瀬駅周辺

現時点では廃材やケーブルが山積みになっている状態です。

スポンサードリンク

能登市ノ瀬駅の風景

本当に悲しいことです。

今回のと鉄道の廃線跡をめぐって、完全に撤去され跡形もなくなってしまっているのは、この能登市ノ瀬駅だけでした。

能登市ノ瀬駅 能登市ノ瀬駅 能登市ノ瀬駅
能登市ノ瀬駅 能登市ノ瀬駅 能登市ノ瀬駅

のと鉄道七尾線(輪島線)は2001年に廃線になっていますので、かなり時間がたっています。

私のカーナビにも、その駅の位置はのっていませんでした。

通りに「市ノ瀬」のバス停があったので、たぶんこの辺だと思い、車を降りて駅を探してみたのです。

しかし、それらしき跡はどこにもありません。

仕方なく地元の方に聞いてみると・・・「その廃材のおいてあるところ、そこが駅だったんだよ」・・・とのお返事。

しばし呆然。

本当に跡形もなく、すべてが撤去されていました。

あたりを歩いてみると、「せんろにはいってはいけません」とひらがなで書いてある看板を発見

ここに駅があり、そして線路があった証拠がひとつありました。

それでは、次の駅に行ってみましょう。

スポンサードリンク

能登市ノ瀬駅の地図